総合健診センター

経鼻内視鏡検査

A館3F フロアマップ

フロアマップ

A館3F

  • 受付
  • 各検査室
  • ロビー
  • 撮影室

患者さまへの負担を減らすため、苦痛が少ない経鼻内視鏡検査を導入しました。

経鼻内視鏡検査の特徴

  • 嘔吐感が少ない

    口からの場合、舌の付け根に内視鏡が触れ嘔吐感が起きますが、鼻からの場合、内視鏡が舌の付け根に触れません。

    経鼻と経口の比較

    鼻からの場合 口からの場合

  • 会話しながら検査ができる

    検査中に会話ができるため、医師と意志疎通しながら検査ができ安心です。

  • すぐに日常生活へ戻れる

    口からの検査の場合、1~2時間は食事ができませんが、鼻からの場合は30~60分で水分を飲んだり食事をしたりできます。

※それぞれの程度には個人差があります。