総合健診センター

保健指導

平成20年4月より、40歳から74歳を対象にメタボリックシンドロームを中心とした「特定健康診査」と、その結果により健康の保持に努める必要がある者に対して保健指導(特定保健指導)が義務化されます。
保健指導の該当者は、メタボリックシンドロームと判定された方、もしくはその予備軍の方々です。これは生活習慣が大きな要因とされる糖尿病等の有病者・予備軍を減少させることが目的です。

輝山会記念病院では、これまで蓄積してきた人間ドックの指導ノウハウを生かし、 個々人の性格や生活環境全般を考慮したきめ細やかな保健指導を行います。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群) イメージ写真

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、2005年に日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会を始めとする関連8学会が取りまとめたものです。
肥満、高血圧傾向、脂質異常、高血糖傾向がメタボリックシンドロームにかかわるもので、生活習慣病が複数合併すると動脈硬化が進行し、心筋梗塞につながることがわかってきました。
成人の4人に1人はメタボリックシンドロームだと言われています。個々の危険因子の程度が軽くても、それが重なることで危険度が増していくので、早い段階で気付くことが大切です。

メタボリックシンドロームの診断基準

  • ウエスト周囲径が男性85cm以上、女性90cm以上
    (もしくは腹部CTスキャンにて内臓脂肪面積が100㎠以上)

これに加えて以下の3項目のうち2つ以上を満たすもの

  • 中性脂肪(トリグリセライド値)が150mg/dl以上、
    またはHDLコレステロール値が40mg/dl未満
  • 最高(収縮期)血圧が130mmHg以上
    または最小(拡張期)血圧が85mmHg以上
  • 空腹時血糖値が110mg/dl以上